【記事作成マニュアル1】検索エンジンに評価される記事の書き方テンプレート

・ブログの書き方ってどうするの?

・何を、どこから、どのようにブログを書けばいいの?

・ブログの書き方のテンプレートはないの?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。なぜなら、これからご紹介する『ブログの書き方』を実践したことで、たった1記事で10万人以上に読まれることができたからです。

ここでは、1つの記事を3パートに分解して、それぞれのパートに合った魅力的なブログの書き方テンプレートをご紹介します。読み終えていただければ、今後ブログの書き方で悩むことは一切なくなり、多くの人に読まれる記事を生み出すことができます。

ブログの書き方テンプレートを紹介する前に

実は、魅力的な記事を書くためには3つの手順を踏まなければなりません。

1.キーワードを探す

2.ユーザーの悩みを考え、悩みをもとに記事構成を作る

3.記事の構成パートに合わせて、文章を書く

ここでご紹介するのは『3:記事の構成パートに合わせて、文章を書く』です。1と2はクライアントである伊織Pが担当しています。今からライターさんが行うのは3の記事の構成パートに合わせて、文章を書くです。

ブログの書き方は、パートによって異なる

『記事がどんな構成か?』を理解しましょう。それぞれのパート(構成箇所)によって、役割が異なり、書き方も異なるからです。

読まれるブログやwebメディアが書いている記事は以下3つのパートで基本的に構成されています。

1.書き出し

2.本文

3.まとめ

『書き出し、本文』のパートの役割を見ればわかりますが、読者を常に引き込む文章の書き方が必要です。

なぜなら、ブログを読む人は『たまたまブログを読んだだけで、自分の悩みを解決できないと判断したら、すぐに読むのをやめる人』だからです。『記事は3つのパートで構成されていて、常に読者の興味を引く必要があること』を忘れないようにしましょう。

ブログの書き方テンプレート:書き出し編

書き出しは非常に重要です。なぜなら、たった数行で読者に記事を読むメリットを伝え、本文に引き込む必要があるからです。自己紹介と同じです。人の第一印象は3秒で決まると言われているのと同じで、『ブログの印象』も一瞬で決まってしまいます。

だからこそ、自己紹介にあたる『書き出し』で読者を一瞬で魅了する必要があります。そのため、以下2点について解説します。

1.書き出しの書き方

2.書き出しテンプレート

書き出しの書き方

『魅力的な書き出しの書き方』をご紹介します。以下5つのステップに従えば完成です。

  1. 読者の悩みを明確にする
  2. 解決できることを伝える
  3. 悩みを解決できる根拠を示す
  4. 記事の要約を伝える
  5. 読み終えた時にユーザーが得られることを伝える

実際にバズ部は以下のように、書き出しを書いています。以下では『魅力的な書き出しの書き方』に沿ったテンプレートをご紹介します!

書き出しテンプレート

接続詞は太字にしてます。下記で紹介するものはパクってOKです!笑

タイトル:ブログ 書き出し

1.いつもブログの書き出しで、『何を、どのように書けばいいんだろう』と悩んでいませんか?

2. 実は、この記事で紹介する『ブログの書き出し』を実践すると、誰でも簡単に魅力的な書き出しを書けます。

3. なぜなら、僕も実際に実践して、たった1記事で10万人以上に読まれるようになったからです。

4. この記事では、書き出しのポイントを3つ紹介して、書き出しテンプレートもご紹介します。

5. 記事を読み終えると、今後書き出しで悩むことは一切なく、読者を本文に引き込む魅力的な記事ができます。

上記のような書き出しであれば、『自分の悩みが解決できる』と読者は思って『もう少し読もうかな。』と本文に引き込むことができます。

ブログの書き方テンプレート:本文編

本文の役割は以下2つです。解説します。

1.記事で伝えたいことを伝える
2.『まとめ』まで誘導する

役割1:記事で伝えたいことを伝える

本文は記事で最も伝えたいことを主張するパートです。例えば、『たった1記事で10万人に読まれるブログの書き方テンプレートを紹介』という記事だったら、『どんな書き方テンプレートがあるのか?』を具体的に書くパートです。

役割2:『まとめ』まで誘導する

『まとめまで誘導する』という重要な役割も担っています。なぜなら、本文の質が悪くて『何を言いたいのかわからないな』と読者に一瞬でも思わせてしまったら、最後まで(まとめまで)読んでくれないからです。

本文の質によって、『どれだけ多くの読者が、記事から商品やサービスを申し込むのか?』『どれだけ多くの読者があなたのファンになり、また読んでくれるのか』が決まります。

そのため、本文では『伝えたいことは的確に伝え、読者をまとめまで引き込む魅力的な文章』を書く必要があります。具体的な方法は以下2点で解説します。

1.本文の書き方

2.本文テンプレート

本文の書き方

『魅力的な本文の書き方』をご紹介します。

  1. 主張:この記事で主張したいこと
  2. 理由:なぜ、そう伝えたいのかの理由
  3. 根拠:その主張が正しいことの根拠
  4. 具体例:その主張が正しいことを示す具体例


これもバズ部が実際に使っている書き方になっていますので、徹底的にパクりましょう。以下では、魅力的な本文テンプレートをご紹介します!

本文テンプレート

接続詞は太字にしてます。本文テンプレートを使用する際は以下の接続詞を多用する機会が多いです。ぜひ利用してください。

1.ブログでPV数を増やしたいのであれば、大切なのは記事の『量』ではなく『質』です。

2.なぜなら、どれだけ記事量を増やしても『質』が低ければグーグルから評価されず、検索上位にも上がらないからです。

3.実際に、既にある10記事を対象に『質』を高める取り組みを行ったところ、10記事全ての検索順位が上昇しました。

4.以下の画像を見てください。(画像などで具体例を紹介する)

常に本文で文章を書く際は上記のテンプレートを活用して、『まとめ』まで読者を引き込みましょう!より読みやすくストレスの少ない文章を書くために、学びたいのであれば『こちらの記事(準備中)』にも目を通しておきましょう。

上記のように『結論→理由→根拠→具体例』の型にそえば、『伝えたいことは的確に伝え、読者をまとめまで引き込む魅力的な文章』ができあがります。

本文を書くうえで大事なこと

記事本文書く際には、キーワードを手がかりに読者の悩みを推測し、   解決策を教えてくれる記事を作成してください。

そして、さらに重要なのは、  ただ単に解決策を教えるだけの記事にならないように、 記事内にライターさんの経験などを  積極的に盛り込むことです。

独自性のある記事は検索エンジンに高く評価されます。必ず自分だけのストーリーをガンガンと盛り込んで、  主観たっぷりの記事を書きましょう。

また「いかがでしたか?」や「~~だそうです。~~らしいです。」は NG なのでなるべく使わないようにしましょう。 なぜなら読者にとっては不快感を与える表現だからです。~~だそうです。~~らしいです。という書き方は記事の信用性を下げる表現になるので断定的な言い回しに変えましょう。

ブログの書き方テンプレート:まとめ編

まとめは、あなたのお願いを聞いてもらえるパートです。つまり、あなたが読者に求める行動をとってもらえるパートですね。具体的には、『次の記事を読んでください』『紹介するサービスや商品を利用してください』といった具合ですね。

ブログによって読者に求める行動は異なりますが、『読者を惹きつける文章の書き方』は共通していますので以下2つを解説します。

1.まとめの書き方

2.まとめテンプレート

まとめの書き方

  1. 本文の内容を箇条書きでまとめる
  2. 記事の主張を実践した結果、読者の悩みが解決できることを再度伝える

以下の画像は、バズ部の記事の『まとめ』の部分を解説したものです。上記の書き方にしたがっていることを確認してください。ちなみにCTAは、実際にブログを運営すると、設定できるものです。まとめテンプレートに関しては、この記事のまとめをぜひ参考にしてください。

まとめ:ブログの書き方テンプレート

上記で紹介した『魅力的なブログの書き方』『テンプレート』を実践していただくと、今後は書き方で悩むことは一切なくなり、多くの読者に読んでもらえる記事を作ることができます。最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • 書き出しの役割
    →読者を本文に引き込むためのパート
  • 本文の役割
    →記事で主張したいことを的確に伝える
    →まとめまで読者を引き込むためのパート
  • まとめの役割
    →あなたが読者に求める行動をしてもらうためのパート

最初は慣れないため文章を書くのも時間がかかると思いますが、何度も何度もこの記事を読み直して自分のものにしてください。自分のモノにしてしまえば、多くの読者を魅了し、1記事で10万人にも20万にも読まれる記事を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です